訪問歯科

ホーム / 訪問歯科

House Call Dentistry

個人宅から施設まですべての方に健康のサポートを

超高齢化社会の到来により、歯科に行きたくても行けない方が増えています。日常生活動作がむずかしくなった方は、食事の量が減ったり、お口の中のお掃除がしっかりとできなかったりするケースが多く、体力低下や認知症の進行など、QOL(生活の質)低下の要因となります。また、しっかりと口腔ケアをすることで感染予防にもなります。 当クリニックでは、患者さまのご自宅にお伺いして、お口のケアや治療、義歯の調整・製作などを行っています。訪問歯科に10年以上経験を積んで歯科医が個人宅から大型施設までさまざまな環境に適した訪問歯科診療を行います。 大切にしているのは、人生の先輩である患者さまに対して敬意を払い、安心・快適にケアと治療を受けていただくこと。訪問歯科を通じて患者さまの健康長寿をサポートさせていただきます。

訪問診療でも様々な治療が受けられます

当院は、歯を削る機械、訪問歯科診療用の持ち運びができる様々な機械や器具を取り揃えておりますので、ご自宅や施設等の訪問先でも、通常の歯科医院で受けられる治療とほぼ同等の治療ができます

Problemsこんな症状やお悩みが御座いましたらご相談ください!

  • 義歯が合わない
  • 義歯をもっていない
  • 口臭がする
  • 痰がからむ
  • 食事の時間が長く、よくこぼす
  • 歯ぐきが腫れたり、血が出たりする
  • 寝たきりでお口の手入れができていない

From Home Treatment To Oral Careご自宅で治療から口腔ケアまで

お口の環境を整える

身体が不自由である等の理由で歯医者から足が遠のくと、虫歯や歯周病でお口の中の健康 が損なわれ、口内が不快になり、生活の質も落ちてしまいます。訪問歯科診療サービスを受ける事は、お口を清潔に保てて生活の質が高まるだけでなく、虫歯や歯周病から歯を守る事になります。

肺炎などの全身疾患の予防

お口の機能が低下していたり、口の筋肉を積極的に使わないでいると、噛む・飲み込む等の機能が著しく低下 している事があります。そのような場合、食べ物を喉に詰まらせたり、気管に異物が入ってしまい誤嚥性肺炎を起こしやすくなって命に関わる事もあります。

噛む機能の維持・回復

お口の健康は、食事をしっかりと摂る上で非常に大切であると同時に、身体全体の健康にも大きく関わってきます。きちんと入れ歯を入れたり、口腔リハビリ等を受けたりする事で、噛む機能が高まり、それによって脳が活性化されて認知症の予防にも効果が期待できます。

オーラルフレイル

オーラルフレイルは、加齢による歯や機能など口腔(こうくう)の状態の変化が原因のひとつです。「かたいものが食べにくい」「むせ込みがふえた」など、日常のちょっとした変化をそのまま放置しておくこともオーラルフレイルの進行を早めることにつながります。
かたいものが食べにくくなると、やわらかいものばかり好んで食べるようになってしまいます。すると、噛むために必要な筋力がさらに低下し、さらに噛む力が衰えるといった悪循環に陥りやすくなってしまい、それが口腔機能の低下、ひいては心身機能の低下への第一歩となるおそれがあるのです。

Flow訪問歯科診療のお申し込みから受診・ケアまでの流れ

Flow 01

お申し込み

まずはお電話やFAXにてお問い合わせください。患者様、ご家族、介護者、介護事業者の方からもお申し込み頂けます。申込書を記載して頂けるとスムーズに診療を進められます。当医院を中心とした半径16km以内が訪問菌科診療 エリアになります。
TEL:042-439-5548

Flow 02

訪問日時の決定

お電話やFAXでご予定をお伺いし、ご希望に沿った訪問日時を決定致します。

Flow 03

治療開始

問診後、患者様のお身体に適したら場所、姿勢で治療を行います。
基本的に週に一度、一回の診療時間は30分程度です。
※患者様、ご家族、介護者の方のご希望に応じて変更が可能です。
初診時、各種保険証のご提示をお願い致します。
※お薬手帳・印鑑等のご準備をお願いする場合がございます。

Flow 04

治療終了・定期健診

治療終了後、口腔内の状態を維持するために口腔ケアについて詳しい説明を行います。その際、口腔内の状態に応じて定期健診の提案を行います。日々の口腔ケアが困難な場合は週1回〜個々人の口腔状態に応じ専門的な口腔ケアを行います。

訪問歯科診療の受診対象となる方は『お一人での通院が困難な方』となります。

「通院するのが面倒」 「混み合うからいやだ」 「待ち時間が苦痛だから訪問診療にしたい!」
などの理由は、訪問歯科の対象とはなりませんのでご注意ください。